レビトラマスター ロゴイメージ

EDという深刻ななやみを解消するために効果が期待できる薬、レビトラについて詳しく解説していきます。

レビトラマスター メインイメージ

もしも路上等でレビトラを大量に所持していたら逮捕される?

レビトラを大量所持していたら警察に捕まる?

レビトラ大量所持は逮捕される?

基本的にはレビトラを大量所持していたからといって警察に捕まるようなことはないでしょう。別にレビトラは麻薬でも覚せい剤でもなんでもなく、習慣性という意味では例えば高血圧や糖尿病の薬などと本質的には何ら変わりません。

その他の普通の薬でも、慢性的な疾患を持っているために長期的に処方されていて、一般の人から見ると十分に大量所持と言えるレベルの薬を持っている人もいますが、別にそんな人が警察に捕まるわけではありません。何ら違法性がないからです。

ただし、何らかの犯罪に関与しているのではないかと疑われるような状況があると、それは話が別です。どういうことかというと、例えば密造や密売というようなことです。

当然ながらどんな医薬品であっても、日本においては許可なく製造したり販売したりすることはできません。これはちょっと考えればすぐに分かるでしょう。素人がそんなことをしては、本当に効き目のある有効成分がきちんと含まれていないものができるかもしれません。

不純物が多く含まれている粗悪なものが出来てしまう可能性も十分にあります。さらに言えば、もしかしたら特許侵害に当たるような医薬品を製造してしまっているかもしれません。

また、販売についても似たようなものです。これも素人が販売すると、保存状況が適切でないものが流通してしまうかもしれません。とくに個人輸入したような医薬品は、その名前のとおり個人的に使用する分に限って輸入することが認められているわけで、それを他人に転売するようなことは違反となります。

まあ、まさか自分でレビトラを製造するところから始めようとしている人はいないでしょうが、問題になり得るのは販売の部分でしょう。限られた親しい友人などにごく少量を譲り、それで実費代金をもらうくらいであれば警察もお目こぼしもあるでしょうし、そもそも誰かに転売しているなどという情報が警察に伝わる可能性も少ないでしょうから、捕まるような可能性は限りなく低いかもしれません。

ところが、これが相手先が友人・知人と広がり、量も多くなっていく、さらには不特定多数を相手に商売をするようになると話は違ってきます。

こうなると誰かが、この販売者は本当に許可を受けているのかなどと疑問に思うこともあるかもしれませんし、何か副作用でも起きた場合に然るべき機関に連絡するような可能性もそれだけ増えてきます。

結果的に警察の捜査が入り、許可を得ていないのに販売目的でレビトラを大量所持していたということで捕まる可能性が出てくることになるのです。