レビトラマスター ロゴイメージ

EDという深刻ななやみを解消するために効果が期待できる薬、レビトラについて詳しく解説していきます。

レビトラマスター メインイメージ

レビトラを服用するべき人の特徴は?やっぱり勃起不全だけ?

レビトラはどんな人が飲むべきお薬?

レビトラはどんな人が飲む?

レビトラはED治療薬としてたくさんの人に利用されています。医薬品として病院や専門の治療院などで処方してもらう事が出来ます。保険が効かないので、薬代は自費となり少々高めとなります。

EDは勃起不全の名称となっており、症状としては、男性性器が満足に性行為を行えない状態になってしまう事です。気分的には性的興奮があるにも関わらず、男性性器が思うように勃起状態にならないときや、勃起するまでに時間が掛ったりしてしまう事もこの病気にあたります。

また硬さが物足りず女性の性器に入れられない状態などもあります。完全な勃起をしても性行為中に柔らかくなってしまったり、最後まで硬さを維持出来ない場合などが勃起不全の症状と言えるのです。

こういった状態の人がレビトラを飲んで一時的に性行為を満足に、最後まで行えるようになります。レビトラの効果は、一時的に満足の行く性行為が出来るようになる薬で、勃起力は強いと言えます。

普段から自分で最高の勃起状態よりも薬の効きめで、それ以上の勃起状態を実感出来ると言っても過言では無いのです。薬を飲んだからと言って勃起状態が続いてしまう事は無く、性的興奮を受けた時に薬の効果が発揮するのです。

その為に興奮状態になっていない普通の時は、勝手に勃起する事も無く安心です。服用の仕方は空腹時に服用しておくのが最適となっていますが、特徴でもある即効性が非常に強いので、性行為の少し前に服用しても十分に間に合うのです。

服用してから早い人で10分、遅い人でも20分もあれば薬の副作用とともに、薬の効果が実感出来るようになります。ここで注意したい事はアルコールとの服用は絶対にしてはいけないという事を覚えておかなくてはならないのです。

効果の継続時間は平均4時間から6時間程度で服用量により違いが出ます。効果継続時間内であれば、何回でも性的興奮を受ければ何回でも勃起する事が出来るので、制限時間内に何回も性行為を行う事が出来るようになります。

これだけ強制的に勃起状態にしてしまう強い成分なので、副作用が必ず付いてきます。副作用は、頭痛や顔のほてり、視力の低下や目の充血、鼻水鼻づまりなどが代表的で、人それぞれ副作用の出方が変わってきます。

時間が経つにつれて無くなりますので、少し我慢してれば問題無く性行為へ進めます。このレビトラはEDや男性性器が原因で性行為を満足に行えない人が使用する薬になり、一時的に男性性器を正常の状態へと導く事が出来て、満足のいく性行為を存分に楽しめる様になれる薬になります。