レビトラマスター ロゴイメージ

EDという深刻ななやみを解消するために効果が期待できる薬、レビトラについて詳しく解説していきます。

レビトラマスター メインイメージ

レビトラを友達にあげたり、売りたいんだけどそれは犯罪なの?

レビトラを友人に譲ったり販売しては駄目?

レビトラの譲渡、売買について

レビトラはED治療薬として開発された医薬品で、有効成分としてバルデナフィルを含有します。バルデナフィルは、PDE5型酵素阻害薬というカテゴリに入る医薬品です。

PDE5型酵素阻害薬のED治療薬としての効果・効能を理解するには、最初に男性に勃起現象が起きる時のメカニズムを知っておく必要があります。男性が性的に刺激を受けて興奮状態になると、体内に一酸化窒素の放出が起こります。

一酸化窒素は血管拡張物質の生成を誘発します。その結果、ペニスの細胞内で血管拡張物質が大量に作られることで海綿体の中の動脈血管が拡張して圧が高くなります。そこに大量の血液が流れ込むと勃起が起こります。

一方、勃起現象が終わる時には、ある種の体内酵素が作用します。この体内酵素が、レビトラの有効成分であるバルデナフィルが医薬品として働きかけるPDE5型酵素です。PDE5型酵素は、勃起を維持している血管拡張物質を破壊する酵素です。PDE5型酵素が働くことで血管拡張物質が減り、陰茎の血管が弛緩して勃起が終息します。

PDE5型酵素阻害薬のバルデナフィルが配合されているレビトラを服用すると、PDE5型酵素の働きがシャットアウトされるので血管拡張物質が破壊されず陰茎の血管の拡張と血流が維持され勃起が続きます。

これが、ED治療薬バルデナフィルの効果・効能です。このようにバルデナフィルには血管の拡張を維持する作用がありますから、レビトラの服用によって血圧が下がることが考えられます。

そのため、高血圧の治療のために降圧剤を使用している人や循環器系の疾患などの治療のために血管拡張作用のある医薬品を使用している方が使用すると双方の薬の効果によって血圧が大幅かつ急に低下する可能性があり危険です。

特に、狭心症などの病気を血管拡張作用により治療するニトログリセリンに代表される硝酸系の薬との併用は大変危険で、降圧剤などとともに禁忌とされています。

このように、医薬品を使ったED治療を受けるにあたっては、専門のクリニックで既往症や現在治療中の病気について、また処方されている薬などについて正確に医師に申告した上で詳細な指導と注意を受け、それを確実に守ることが安全のために必須となります。

併用する薬の種類や持病によっては危険を伴うED治療薬のレビトラを友人など他人に譲る行為や、販売することは生命の危険に直接関わってしまう可能性も十分に考えられますから厳禁です。